2010年11月12日

山田昭男さんに学ぶ「常に考える」頭脳のあり方

第7回ふくおか未来塾
11月8日(月)天神パークビルにて

― 山田昭男さんに学ぶ「常に考える」頭脳のあり方 ―


 山田昭男さん(未来工業・創業者、岐阜県)を塾長に招いての「ふくおか未来塾」は、春先に貞池龍彦さん(アビリティキュー社長)からの呼びかけで始まった。毎月の研究会の流れで去る10月8日から一泊で未来工業を塾生7名で訪ねる。
 目的は、山田さんの
「他社との差別化」
「社員に喜んで働いてもらうには」
「ほうれんそうもノルマも要らない」現場を観ることと神髄を探り出すことである。




昨月11月8日には、その報告と「ほうれんそうを無くすには」を全員でディスカッションしてみた。「ほうれんそう」とは報告・連絡・相談の頭文字から考案者の山崎富冶(ヤマタネ証券二代目)が実行し、全国へ広がった。昭和57年3月のことである。

 もし自分たちの会社で報告・連絡・相談の必要無しとした場合、どういうことが予想できるだろうか?私は混乱に次ぐ混乱で…、とても仕事にならないだろう、と考えていた。最初は私の想像した通りの意見が出ていたが、途中から変わってくる。
「ほうれんそうを無くすることは社員を信じることになるではないか」
「ほうれんそうを必要としない社風に変えればいい」などと。
それではどうするか、となった。
「社員を管理しようとするから、ほうれんそうを徹底させようとしているのではないか」
「社員を認めてないから」
「経営者が一人の人間として反省し、謙虚に社員の意見に耳を傾けることではないか」
 しかし、果たして実行できるだろうか。
 中には、どう進めていけばいいのか、その手段が判らない、とも言う。



 ここで、じっと聴いていた山田塾長登場、口を開く。
 ほうれんそうをしないということは社員の不満をいかに減らすか、に尽きる。経営者は常に考える。社員の満足を。未来工業には制服が無い。どうしてか、全員が同じような作業服を着せられ、そこに喜びがあるだろうか。それよりは自分の好きな服を着て、洋服代を会社から現金で貰ったほうが嬉しいのではないか、そう考えた。
 我が国は97%が中小零細企業の国だ。その中小企業が大企業の真似をして幸せがあるか。大企業という組織体では権限が要るが、中小企業では要らないだろう。権限を持つことがエライということか。それよりは権限を社員たちに持たせて、喜んで仕事に役割に頑張って貰うほうがどれだけいいか。
 常に改善するという問題意識を持ち、提案するほうが仕事人として遣り甲斐があるだろう。人間誰でも提案したことを否定されたら、そこに不満が生まれる。しかし、自分で考えたことはヤラセテ貰えることにしたら、そこに責任が伴うと同時に喜びがあるではないか。社員旅行のクイズを回答したら1年間休めるということも、自分たちで考え、自分たちで実行していることである。考えれば幾らでも解決策はある。

報告者:石川元則



同じカテゴリー(講演・活動報告)の記事画像
第6期 第11回ふくおかみらい塾報告
第6期 第10回ふくおか未来塾報告
第6期 第8回ふくおか未来塾報告
第6期 第7回ふくおか未来塾報告
第6期 第6回ふくおか未来塾 報告
第6期第5回 ふくおか未来塾in岐阜
同じカテゴリー(講演・活動報告)の記事
 第6期 第11回ふくおかみらい塾報告 (2016-04-22 15:00)
 第6期 第10回ふくおか未来塾報告 (2016-03-18 16:49)
 第6期 第8回ふくおか未来塾報告 (2016-01-13 11:04)
 第6期 第7回ふくおか未来塾報告 (2015-12-15 16:25)
 第6期 第6回ふくおか未来塾 報告 (2015-11-10 11:03)
 第6期第5回 ふくおか未来塾in岐阜 (2015-10-20 17:34)

Posted by ふくおか未来塾事務局 at 11:35│Comments(1)講演・活動報告
この記事へのコメント
石川さん、レジュメありがとうございます。
進行もさすがでした。

私が感じたことは
自分自身としては行動管理に『日報』をつけていますが
日報を書かないと不満を持つ社員(私のようなタイプ)のために日報があるということでした。
ただし、紙とボールペンがもったいないからなるべく書くな!というオチまでついてましたね。

コミュニケーションが大事という話にもなりましたが、塾長は「とにかく社員が考えたことはやらせろ」でした。
今までの話や本などからしますと
社員が考えてやって、失敗したらすぐやめる。責任は追求しない。
どんどん失敗しろ。
ただし2回同じ失敗したら責任を追求するということですよね。

器が大きいです。
Posted by ふくおか未来塾事務局ふくおか未来塾事務局 at 2010年11月12日 11:38
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。